でも脱毛初心者の私はこのことである壁にぶつかります。Vラインの脱毛が真剣にとても恥ずかしいです。でも現実問題としてVラインもワキと同様に自己処理からは逃れられません。勝負下着やトレンドの水着からはみ出しそうな状況は改善しておきたいとも思います。最初の決心とは方向転換することになりますが、これも下調べをまじめにやった結晶だと前向きに納得します。どの道いずれ受けるんだったら、オトクなプランが利用することができる今同時にやっておくべきだと判断するのはかえって常識的な判断です。ですが今回はどうあってもワキ脱毛を最優先に考えての脱毛サロン選びです。グラつくモチベーションをしっかりと支えながら下調べを進めていきます。ワキ脱毛のプランを調べていくうちに、あることに気付いてしまいました。それは、「ワキ脱毛単体だけだと損?」ということです。エピレの初心者のために設けられたコースはファーストプランという呼称で、1人あたり1回しか使うことができない特別なプランです。変わっていなければ全部で5種類あるはずですが、その内容を見ているとワキ以外の脱毛にも追求心が湧いてきそうなほど魅力的で、決断がグラついてしまいそうです。エピレはミュゼプラチナムと比較すると出店している数も僅かで、本音を言えば全国的に有名な脱毛サロンと言えるほどメジャーではないかもしれません。でもエピレでは、私のような脱毛初心者がとっつきやすい専用のお試しコース的なプランが準備されていて、とてもいい印象を持つことができます。それでは実際に、ミュゼプラチナムとエピレのどっちで「両ワキ+Vライン」の脱毛を施術してもらうのか。値段だけ見れば疑いもなくミュゼプラチナムに即決したい衝動にかられますが、更に詳しい情報も調べたいと思いました。その時そこで参考になったのが、エピレとミュゼプラチナムの違いを比較したこちらのサイトです。生まれて初めて脱毛サロンと契約することを決意した私は、とりあえず両脇脱毛からとりかかってみようと判断しました。ワキ脱毛で評判のいい脱毛サロンをチェックしていると、100%と言っていいほど出てくるところがありました。日本中でどこよりも多くの店舗を抱えていて、通っている人も断トツのミュゼプラチナムです。ミュゼプラチナムではイチオシの脱毛プランは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」です。契約期間も脱毛回数も設けられていなくてその後一切の料金は1円もかからないそうです。加えて金額はほんの100円で、「両ワキ」だけの契約だと信じられないことに3
600円かかります。割り引かれるweb予約をしても2
600円と金額の差は比較の対象にすらなりません。一方のエピレのファーストプランでも、「両ワキ」と「両ワキ+Vライン」の2つのプランが用意されていますが、双方ともに同じ値段に設定されています。こんな事実を目の当たりにしてしまうと、「両ワキ」だけの絞り込みに執着していたことが下らなかったとさえ思えてきます。脱毛関係の情報を扱っているサイトはどこもワキ脱毛ならミュゼプラチナムを推していますが、対抗できる脱毛サロンはないのかということにも興味が湧いてきます。ミュゼプラチナムを除いてワキ脱毛がおすすめなのは、エステのTBCが運営するエピレがあるという事実を知りました。